きゅうりを育て始めました

今期、いよいよプランターできゅうりを育ててみようとチャレンジしています。

ひたすら茎が分厚い苗を選んで来たけれどはしてこれで良かったのか、
調べてから選べばよかったともはや悔恨が湧いてきていました。
そんなジレンマをよそにきゅうりは日に日に身の丈を伸ばしていき、
蔓がカールさせたようにグルグル巻いてなかなか素晴らしい。
日々、水をあげるのもたっぷりあげていいのかよくわからないまま

枯らさないように観察しながら水をあげました。
こんなにも一生懸命にきゅうりを見るなんて、小学校の辺りの夏季の宿題以後かも。

気づいたらある太陽、黄色いちっちゃな花が咲いているのを見つけました。
緑色の葉が茂る中で生まれたばかりのイエローが甚だ小奇麗。
有難くなってふと、やったねと見つけたばかりのちっちゃな花に話しかけてしまいました。

ひとつ咲くとその横にもそのまた横にもちっちゃな黄色い花がちょっぴりと増えてきました。
水をあげる長所ができて朝方と夕、プランターを覗き込むのがルーティンになってきました。
花が終わると果たしてちっちゃなちっちゃなきゅうりが実をつけはじめました。
少々食べられるには縁遠いきゅうりの開発が楽しみでたまらない日々です。アゴニキビには、種類があります