自転車やバイクの礼典の悪さ

 目下自転車やバイク、特に原動機付自転車の操作エチケットが酷いと思いませんか?
常々意外と嫌な思いをしています。
人々、そんなことないですか?
 さっそく目立つのは、ストリートの右手車線移動です。
わたくしが住んでいる町のストリートが狭苦しいというのはあるかもしれませんが、
自家用車の右手を走り抜けて行くのです。
自家用車の右手から自転車やバイクが来る事は想定していないので、
たちまち自転車やバイクが走り抜けて行かれると、ほんとにびっくりしてしまいます。
びっくりするだけならいいですが、自家用車を走らせていてちょこっと右手によけたりする場合は勿論あるので、
そんな時に右手から自転車やバイクに突進して来られたら、災害になってしまいます。
この場合も、後方を確認しなかった自家用車乗員のお客様に災害役目が重く判定されてしまうのでしょう。
こうしたメチャクチャな言葉はありません。
それと、走行する自家用車の右手を走り抜けるという事は、
対向車線の自家用車にとっても至って危険で迷惑な話です。
 余りにも傍若無人な操作をしているので、罰則と制圧を強化してほしいと思っています。永久脱毛するなら新宿でおすすめのクリニックがあります