農家の個々は流石に上級です。

お家のガーデンに1本のブドウの木があります。今年も実をつけました。だが、くだもの店に並ぶように綺麗には実を付けてくれません。歯抜けのようになっていたり、凝縮した感じではなくて延々と伸びたような感じで、これでは売りものにできなくてジャムか飲料になっていくんだろうなって感じです。
花が咲いたときに、筆かなにかで受粉をきちんとやってやらないといけないのでしょうが、蜂などの昆虫にまかせっきりでした。また、もったいないからって、全ての実を残しておくのではなく、摘果して栄養素がばらまきされないように調整してやることも必要なのでしょう。それでも、そのすばらしい姿がわかりません。どのタイミングでどれだけ取ればいいのかの把握がむずかしいのです。そこはやっぱプロのワザなのでしょうね。出来た出来たって喜んでいるだけでは無理ね。そこから将来、どんなにきれいに上手く作るのかって場合を苦労しないと無理ね。まずまず難しいです精鋭に近づくのは。m字ハゲには、なりたくありません